自宅作業やパソコン作業に、ちょっとしたオフィスチェアが欲しいと思っているアナタ。

有名メーカーのオフィスチェアは物によって10万円を超えるものもあり、意外と高い買い物なんですよね。もっとコスパの良いものがないかな?なんてお困りではありませんか?

私も同じ思いで探していたんですが、安いものはレビューを見ると「ギシギシ音が鳴る」など酷評も多い。ヤフオクで有名メーカーの中古品を探したりもしたんですが、送料が高くついたりで・・・結局安くて良いものを買うのは難しいと半ば諦めていたんです。

そこで発見しました!

Amazonが自社ブランドとして展開する「Amazonベーシック」ブランドで、コスパが最高のオフィスチェアを。あえて機能を絞って、必要な部分にきちんとコストを掛けている製品を・・・。

お値段なんと・・・

たったの4千円弱!!

組立てが必要なのは難点ですが、誰でも簡単に組立てられるので問題ありません。当記事でも詳しく手順を載せておきます。安くて使えるオフィスチェアをお探しの方には大変おススメですよ!




梱包状態

発注から2日、さっそく届いたので梱包状態から確認してみます。

個別包装

傷がつかないように部品は個別包装され、梱包状態としては好印象です。メッシュ素材の背もたれは緩衝材で包まれており、個々の部品の間には、段ボールで仕切りも入れられていて、最大限の配慮を感じます。

小部品

小さな部品も個別に包装されており、取扱説明書と相番になった記号がそれぞれに印字されていて、とても親切でした(^^)♪

予備部品

失くしやすいネジは、予備に1本余分に入っていてAmazonの優しさを感じます(笑)

製品仕様

製品仕様

製品サイズは45cm(幅)×47.5cm(奥行)×85-96.5cm(高さ)です。座面高さは公式には発表されていませんが、当方の測定では概ね40cm-51.5cmでした。※多少の誤差はご容赦下さい。

多機能ではない分、重さは軽く7.6kgです。女性でも問題なく扱えると思います。

組立

それでは組み立てに参りましょう。・・・と、その前に気になった部分が2点。

土台の汚れ

土台部分に少し白い汚れが付着していました。ちょっと面倒ですが、水拭きで取れる程度なので、まぁ良しとします。

土台のバリ

もう1点。土台の裏側に少しバリがあります。最終的には見えない部分なので問題ありませんが、実際の組立時には、手を傷つけないように気を付けましょう。

土台の組立

まずは、土台部分にキャスターを取り付けます。

キャスターの取付

キャスターは差込式なので、穴に押し込むだけです。上手く入らない場合は、車輪の向きや角度を変えながら押し込んでみると、良い所でポスっとはまります。

キャスターの取付

わずか1分ほどで完了です!キャスターはナイロン製なので、フローリングの上で使用する場合はカーペットを敷くなど、床に傷がつかないような配慮をした方がいいと思います。価格を考えれば、ここは仕方のないところかと思います。

ガススプリング部の差込

続いてガススプリングの支柱を差し込みます。ポスっと押し込むだけ。

ガススプリング部-カバー

最後に支柱にソフトカバーを被せて土台部分は完成。簡単でしょ?

ソフトカバーはちょっと安っぽい感じがしますが、4千円のイスなので、そこまでは求められません(笑)しかし、金属部分が見えなくなるのは良かったです。

座面の組立

筆者は意外と厚みのあるクッションに驚きました。

クッションの厚み

測ってみると7cmありました。長時間座ってもきっちりお尻をサポートしてくれそうです。メッシュ素材なので、暑い夏でもムレずに使うことができますね。

クッションのゆがみ

反面、クッションの見た目がちょっとゆがんでいる気がします。とは言え、柔らかい素材なので、座ってしまえば特に違和感はありませんでした。

さて、それでは組み立てに入ります。

金属パーツ取付

クッション裏面に、土台部分と接続するための金属パーツを取り付けます。付属のレンチでネジ4本を締め付けていきます。上の写真を見ると、ネジの間隔が上下で違うのが分かると思いますが、取付方向を間違えることがないのもGOODです。

背もたれを固定

最後に背もたれを「手回しネジ」で取り付けて、座面の組立は完了です!体重がかかる接続部分は、金属パーツを使用しているので安心感があります。

メッシュの張り具合

背もたれのメッシュは「ピーン」と張られています。体重を預けても、きっちり背筋が伸びるようにサポートしてくれますよ!

メッシュの末端処理

メッシュの端もきれいに処理されているので、安っぽさを感じないのは好感が持てます。

座面と土台をドッキング!

組み立てた座面を、土台から出ている支柱にスポっと差し込めば完成です!

完成写真

背もたれと座面が離れているので、あいだにホコリが溜まるようなことがないのが嬉しいですね!

全体を通して工具は不要(唯一必要なレンチは付属)。ネジを使わない差込み部分が多く、10分~15分もあれば十分に組み立てられると思います。組立てが苦手な方でも簡単に作業ができると思います。

レビュー!!

機能面を見れば、決して多機能と言えるオフィスチェアではありません。

昇降レバー

唯一あるのは、レバーによる昇降機能のみ。ひじ掛けもなければ、ロッキング機能(リクライニング)もありません。探してみると、本製品と似たような価格で、それらの機能を持っているオフィスチェアはありますが、レビューを見ると「ギシギシ音が鳴る」など、良くない評価も目立ちます。

本製品は、逆に機能をシンプルにし、掛けるべきところにしっかりとコストを掛けている製品だと感じました。決して「安かろう悪かろう」ではない、とても好感の持てる製品です。表に見える仕上げは丁寧ですし、座ったときの安定感もあります。

たったの4千円弱でこれだけの製品が購入できるのはスゴイと思いました。Amazonのレビューでも、軒並み高評価が並んでいます。

最低価格帯(3000円前後くらい?)のパソコンチェアとは一線を画す商品です。
安物にありがちなギシギシ感はなくカッチリとした作りです。このピシッと張ったメッシュの背もたれは、深く腰掛け、背もたれに体を預けると結構腰を押してくるので、背筋が伸びます。背筋が伸びた姿勢では背骨に対する負荷が低いので結果疲れにくいと思います。普段デスクではハーマン・ミラー製の椅子を使用していますが、それら高級なワーキングチェア同様に正しい姿勢での着座を促す椅子なのです。
遠目に見ると有名メーカー製の高級チェアに見えなくもありません(笑)し、機能的でもあるので大変満足度高いです。
1万円以下のパソコンチェアでこれよりも良い商品は無いと思います。

価格が安くてしっかりしているので、大量にイスが必要な会議室などにも最適でしょう。

座面のクッション性が足りないと感じる方や、少しでも長く使いたいと感じる方は、1枚クッションを追加してもいいと思います。私もブタさんのクッションに協力してもらっています(笑)

クッションの追加

機能面では贅沢は言えませんが、私としては久々に「安くて良い」製品に出会えたと感じました。低価格帯のオフィスチェアをお探しの方に、とってもおススメしたい一品です!!