そろそろ暑くなってきたな・・・と、エアコンのリモコンを手に取ると「冷房」と「ドライ(除湿)」の文字が目につきますね。

  • どっちを使えばいいんだろう?
  • どう違うんだろう?
  • どっちがお得なんだろう?

冷房とドライの違いをよく知らずに、なんとなくエアコンを使っているアナタ。もしかすると、とてもモッタイない使い方をしているのかもしれません。特に、自分の使っているエアコンがどういう方法で除湿しているか?を知らずに、ドライ運転を使っている方は注意が必要です。

冷房運転とドライ運転の違いや、使い分け、電気代の違いなどについて理解し、賢くムダなく快適に過ごしましょう!




冷房とドライの違い

部屋が暑いとき、冷房とドライ、どちらを使っても部屋は過ごしやすくなりますよね?具体的に何が違うのでしょうか?

まず、冷房は室温を下げることを目的とした機能です。設定温度に室温を近づけるために、熱を屋外に追い出しています。

一方、ドライは部屋の湿度(しつど)を下げることを目的とした機能で、部屋の水分を屋外に追い出すことを一番に考えた機能です。

ゆき(標準)

目的が違うんだね。
でも、どうやって水分を追い出しているのかな?

ドライの仕組み

暑い夏の日に、冷たい水をグラスに注ぐと、グラスに水滴がつきますよね?

image

あの水滴は、空気中の水分が結露したものですが、エアコンも同じ原理で空気中の水分を取り出して除湿しています。

image

空気中に含むことのできる水分量は決まっています。そして、温かい空気の方がより多くの水分を含むことが出来ます。

image

冷たい水によって、グラスの周りの空気が冷やされると、空気に含み切れなくなった水分が水滴として現れるのです。

エアコン内部でも、冷やされた空気は水分を放出します。冷房では空気を冷やした結果、湿度(しつど)が下がりますが、ドライでは、湿度(しつど)を下げるために空気を冷やします。目的は違えど、実は冷房とドライは同じような運転(冷房)をしているのです。

ゆき(うれしい)

水分を追い出すには、まず空気を冷やすことが必要なんだね!

ただ、一つ違うのは、ドライはできるだけ室温を下げずに冷房運転をするということです。

ドライの方式

室温をできるだけ下げずに除湿(冷房運転)をするのがドライ運転ですが、その方式は機種によって異なります。

  • 弱冷房方式
  • 再熱除湿方式

など。

冷房とドライのどちらを選ぶべきか?を考える上で、お使いのエアコンのドライ運転が、どの方式を取っているのか?は知っておかなければなりません。

弱冷房方式

弱冷房方式とは、弱い冷房運転を連続的に行うことで、室温をできるだけ下げずに水分を取っていく方式です。

image

通常の冷房運転と比べると、空気を冷やす効果が少ない分、除湿量は少なくなりますが、消費電力を抑えた除湿が可能です。

弱いと言っても冷房運転には変わりないので、室温は少し下がります。最新の高級機種では、エアコンの吹出空気に、冷やしていない室内空気を混ぜ込んで、より「寒くない除湿」を実現しているものもあります。

image

再熱除湿方式

再熱除湿とは、冷房運転で水分を取った空気を、再度ヒーターなどで温めて室内に戻す方式です。

image

冷やした空気を再度ヒーターなどで加熱するので、弱冷房方式よりも除湿量を増やすことができ、部屋の温度も低くなりにくいです。

室温を維持できるという意味で、最も目的に近い効果を得ることができますが、反面、空気を温めるのに余分なエネルギーを使用するため、弱冷房の除湿はおろか、通常の冷房運転を行うよりも消費電力が高くなってしまいます

お使いのエアコンはどっち?

あなたのエアコンのドライ運転は「弱冷房方式」でしょうか?「再熱除湿方式」でしょうか?

普通はどちらかの方式しか搭載していませんから、取扱説明書などで、どちらの方式なのかを確認してみましょう。その上で、冷房を使うべきか、ドライを使うべきかを考えていきましょう。

ゆき(標準)

ドライの方式によって、消費電力が大きく変わるからね!

ただし、古いエアコンの場合は、取扱説明書を見ても記載がない場合がありますから、そのときはエアコンに記載されている型番をメモして、各社のコールセンターに問い合わせるのが一番カンタンで確実です。

それぞれに最適な使い方

さて、ここまでのお話を表にまとめると、次のようになります。

冷房 ドライ
(弱冷房)
ドライ
(再熱)
目的 室温を下げる 湿度(しつど)を下げる
部屋の温度 最も下がる 下がる 下がりにくい
除湿量
消費電力

冷房かドライかを選ぶ上で、考えなければいけないのは、あなたが何を目的とするか?です。

30℃以上あるような暑い日に、室温を下げることを目的とするなら冷房一択です。室温は下げたくないけれど、湿気を取りたいのであれば、ドライを選ぶことになります。あまり室温が低いのも不快になってしまいますし、弱冷房であれば、通常の冷房よりも消費電力が少なくて済みます。

さらに、お使いのエアコンが「再熱除湿」の場合は、もう一つ選択すべきことがあります。

それは、

お金を取るか?快適さを取るか?

image

再熱除湿はヒーターを使うため、通常の冷房運転よりも消費電力が大きくなるというデメリットがあります。しかし一方で、室温を下げずに済むというメリットもあります。

冷房は苦手、でもジメジメしているのはイヤ。お金を払ってでも何とかしたい!という方には、再熱除湿を使うメリットがあります。しかし、そうでない方にはデメリットの方が大きいでしょう。再熱除湿を使うくらいなら、多少室温が下がっても、普通の冷房を使う!という風になるはずです。

まとめ

今回は、冷房とドライの違いや、使い分けについてご紹介しました。

ジメジメする季節。あなたの目的に合った使い分けをして、賢く、お財布にやさしくエアコンを使っていきましょう!

ココがポイント!
  • 室温を下げたいなら冷房一択。
  • 室温を下げずに湿気を取るならドライ。
  • 弱冷房なら、通常の冷房よりも省エネ。
  • ただし、再熱除湿は冷房よりも電気代が高くなる!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!
快適な夏をお過ごしください!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧