今や家電量販店に行けば、家庭用マッサージ機が一角を占めているほどマッサージは身近なものとなっています。

確かにマッサージを受けたりマッサージ機を使ったりすると、なんだか体が軽くなったような気がしますが、その時、身体の中で何が起きているのか?ご存知ですか?

マッサージには、様々な研究でも明らかにされている優れた効果がたくさんあるのです。




血行が良くなる。

マッサージをすると血行が良くなり、体の保温効果が高まったり、冷え症を改善することができます。

冷え症に悩む方は比較的女性に多いと思いますが、なぜ手足が一番冷えるのかはご存知ですか?

冷え症

心臓より低い位置にあって、距離も遠い手や足先の血液を心臓に戻すには、重力に逆らう必要がありますね。そこに大きなエネルギーが必要だからです。心臓のポンプ機能だけでは、スムーズに血液を戻すことができないのです。血液の循環がスムーズではない場所は冷えたような感覚になります。これが「冷え症」です。

これをサポートするのが手足の「運動」です。手や足の筋肉は、その動きによって心臓に血液を戻す役割も担っているんです。足は第二の心臓とも言われる理由です。

デスクワークの方の人など、冷え症の方にあまり動かない人が多いのも、運動不足や筋力不足によって、血行が滞っているからなんですね。

手や足(ふくらはぎ)や足裏のマッサージをして、筋肉を意図的に動かすことは、心臓のポンプ機能をサポートすることに繋がり、血行を良くして体を温める効果があるのです。

筋肉のコリをほぐす。

マッサージによる肉体的疲労の回復効果はよく知られていますが、それが、血行が良くなることの2次的効果であることを知る人は少ないのではないかと思います。

筋肉がこっている状態というのは、言わば筋肉の繊維同士がガチガチに結合していて固まっているような状態です。伸びがない状態というと分かりやすいでしょうか。

肩こり

この筋肉の結合を解きほぐすには「ATP(アデノシン三リン酸)」というエネルギーが必要です。ATPは皮膚を押すことで発生し、血流に乗って筋肉に届きます。つまり、マッサージをして、血行が良くなることで、筋肉にATPが行き届き筋肉の結合が解けていくわけです。

免疫機能を高める。

マッサージをすることで、免疫力を高める効果が期待できます。

リンパ液の循環を促す。

リンパ液とは、全身にあるリンパ管の中を流れており、老廃物や異物を回収/運搬している液体です。細菌やウイルスなどの悪いものは、リンパ管の途中にあるリンパ節という関所のような場所でチェックされ、排除される仕組みになっています。

リンパ液が血液と違うところは、心臓のようなポンプ機関がないことです。リンパ液は全身の筋肉の動きのみで循環しています。リンパ液の滞りは主に「水分不足」や「運動不足」などが原因であり、その代表的な症状が老廃物の蓄積による「むくみ」です。

他に、肩こりやストレスなども、リンパ液が滞ったときに起こりやすい症状です。

リンパのメインの役割は、悪いものを排除する免疫機能なので、その循環が滞ることは病気になりやすくなるリスクを伴います。適度な運動を行うことが良いのは言うまでもありませんが、難しい方は手軽にできるマッサージで筋肉を揉みほぐし、リンパの流れをスムーズにすると良いでしょう。

白血球を増加させる。

また、ある研究では、マッサージには白血球を増加させる効果があることも報告されています。

白血球というのは、体の中の細菌やウイルスなどを攻撃する免疫担当細胞です。人が病気にかからずにいられるのは、白血球のおかげです。リンパ液に含まれるリンパ球も、白血球の一種です。

ストレスの低減効果

ストレスの度合いを調べるために、体内の「コルチゾール」というホルモンを測る場合があります。

コルチゾールは、体の様々な機能調整を受け持つホルモンで、過度なストレスを受けると、その分泌量が増加する事が分かっています。ある研究では、マッサージを受けた人のコルチゾール値を調べたところ、その値が減少したという結果が出ています。

自律神経のバランスを取る。

マッサージには自律神経のバランスを調整する効果があります。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つでワンセットになっていて、数多くの内臓器官の働きを調整している神経です。

活動している昼間は交感神経が優位となり、リラックスしている夜は副交感神経が優位となります。日常生活を送るにあたり、交感神経と副交感神経がバランスしていることは、非常に重要です。つまり、活動とリラックスのバランスが取れているからこそ、我々は活動的になれたり、質の良い睡眠を取れたりするのです。

自律神経のバランス

このバランスが崩れるのが「自律神経失調症」です。こうなると、倦怠感や不安、イライラを感じるようになったり、偏頭痛や不眠症が起きたりして、うつ状態になってしまうようになります。

長時間働きがちな現代人の生活は、交感神経が優位になりやすい環境と言えます。ストレスも交感神経を優位にさせる要因です。つまり、先ほど述べた、マッサージの「ストレス低減効果」を利用することにより、自律神経のバランスを整えることが可能です。

また、神経系が免疫系の制御作用を持つことも明らかになっており、交感神経が優位の状態が継続すると、リンパ球の循環がスムーズに行われなくなり、免疫機能が低下することも分かっています。

ミトコンドリアの増加

ミトコンドリアとは、生物の細胞に含まれている「細胞内構造物」です。・・・ちょっと分かり辛いですね。人間のエネルギーを作っている生産工場だと考えてください。

人間が活発に活動できるのは「エネルギー」があるからです。そのエネルギーを作っているのがミトコンドリアです。ミトコンドリアが増えるほど、人間は元気になります。

エネルギッシュ

近年、カナダの大学による研究で、マッサージを行うことでミトコンドリアが増加することが明らかとなりました。細胞レベルでも、マッサージは我々を元気にしてくれる、ということが科学的に証明されてきたのです。

マッサージの効果は関連性がある。

マッサージの6つの効果を語ってきましたが、それぞれには強い関連性があることに気付かれた方も多いのではないのでしょうか?

マッサージの効果

免疫機能が高いから、肉体が健康でいられる。肉体が健康であるから、精神的にも健康でいられる、というように。もちろん逆もしかりです。

マッサージを行うことで、人間を様々な側面から「健康」に導けることが、科学的にも実証され始めているのです。

手軽にマッサージを始めるには?

とはいえ、お店でマッサージを受けるのはお金も掛かるし、頻繁に行くわけにもいかないのが実状かと思います。ここでは、私が実際に自宅で行っているマッサージについてご紹介したいと思います。

手足のマッサージ

鍼灸などの東洋医学では、手や足裏にはエネルギーの通り道があると考えられています。それをマッサージに応用したのが「ツボ」です。手や足裏のマッサージを日常に取り入れるのが、最も手軽にマッサージを取り入れる方法と言えるでしょう。

ハンドマッサージ

現在、その手軽さから、介護や福祉の現場でも注目されているのがハンドマッサージです。

ハンドマッサージ

ハンドマッサージは、ストレス解消効果や、手の疲れを取るのはもちろん、脳の活性化にも効果があると言われています。そのため、介護福祉の現場で注目されているのです。

最近は、人の手で行うハンドマッサージを再現したマッサージ機も比較的安価で販売されており、私も使っていますが、とても気持ちよくておススメです。脳の活性化というメリットを考えれば、両親へのプレゼントとしてもGOODです。

 ↓↓詳しくはコチラでレビューしています↓↓
 業界初!手もみ式マッサージ【ルルド/ハンドケア】を徹底レビュー!

人と手をつなぐとホッと安心しますよね?ハンドマッサージにはそんな効果もあるんですよ^^

足裏マッサージ

足裏は第二の心臓とも言われ、全身の健康に関わる「ツボ」が集中している場所でもあります。

足裏マッサージ

足裏は、立ったり座ったりする動きの中で、人間の全体重を受け止めているため、マッサージが大変効果的になる部位です。特に、立ち仕事などで足が疲れやすい人におススメです。

マッサージ機というと、高価なイメージがありますが、足裏のみのマッサージなら、ネット通販で安く購入できる商品もあり、おススメです。

 ↓↓安価な足裏マッサージ機をコチラでレビューしています↓↓
 激安!フットマッサージャー【オムロン/HM-241】を徹底レビュー!

まとめ

今回は「マッサージの効果」についてお伝えしました。私自身、マッサージ機を使用するようになって、非常に体が軽く、快適な日々を過ごせている実感があります。皆さんもぜひ日常にマッサージの時間を取り入れてみてください。

それでは!!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧