毎月のガス代を節約したい。そんなあなたに朗報です。

お風呂のシャワーヘッドを節水タイプに替えるだけ!

これだけで場合によって、年間約25,000円もの節約効果が期待できるんです。とは言え「大げさじゃないの?」とか「水圧が弱くなるんじゃないの?」なんて疑問も浮かびますよね?

今回は私が実際に「レイニー」という商品を購入して、その節約効果や使用感を検証しましたので、ご紹介していきたいと思います。先に断っておきますが・・・

これ、本当にスゴイんです。(゚ロ゚;




取り替え方法

取り替え方法はとっても簡単です。

ヘッド交換方法1

シャワーヘッドの根本を持って、ヘッドをくるくると反時計回りに回すと・・・

ヘッド交換方法2

ヘッドが取れますので、逆の手順でレイニーを取り付けるだけ!とっても簡単です。誰でもできるので安心してください。

ヘッド交換方法3

節約効果を検証してみよう

レイニーを販売する三栄水栓さんが、公式に発表している節約効果は、年間約25,400円(条件により変動あり)となっています。これが本当かどうか?を検証してみましょう。最後に、我が家の明細と照らし合わせて検証するため、2人家族ということで計算していきます。

節水シャワーヘッドの効果は2つあります。

  • 使用水量が少なくなる。
  • それに伴いガスの使用量が減る。

これが事実かどうか?が検証のポイントになります。

使用水量の削減効果

今回は、アパートに元々付いていたヘッドと「レイニー」のそれぞれを使って、1分間バケツに水を溜め、その水量を計量カップで測って検証してみます。もちろんシャワーは全開です。

水量測定中の様子

ジャアァァっ・・・と。

結果的に、使用量は下の通りになりました。実際の1人あたりの1日のシャワー使用時間は10分程度だと思いますので、併せて記載します。

水量測定結果

1人あたり1日50リットルも削減できるんですね。ちょっとビックリです。割合にして約38%の削減となります。2人家族で月30日間だとすると、3000リットル(=3㎥)の節水になります。

水道料金は使用料に応じて料金単価が上がりますので、具体的な計算は難しいのですが、東京都水道局の調査によれば、2人家族だと月16㎥くらいが平均のようです。東京都を基準にすると、使用量が11~20㎥の場合は単価が¥128/㎥なので、3㎥削減できたとすると、

¥128/㎥×3㎥=¥384 ※1月あたり。

の節水効果が期待できることになります。

ガス使用量の削減効果

お風呂のシャワーで使用する水量が減ると、それを温めているガスの使用量を削減することができます。先ほど測定した水量をベースに計算してみました。計算過程はややこしいので割愛しますが・・・。

ガス代試算結果

試算条件:元の水温→15℃,給湯温度→42℃,プロパンガス料金単価→¥500/㎥(全国平均より)

こちらは1人あたり1日約28円の節約効果が得られることが分かりました。2人家族で月30日間とすると、

¥28×2人×30日=1,680円 ※1月あたり。

となります。月のガス代が1680円も減るなんて、スゴイと思いませんか?ちょっとしたランチが食べられますね(*´∨`*)

実際の請求額は?

計算上は水道代が¥384減って、ガス代が¥1,680円減って、毎月¥2,064円の節約になる。

¥2,064×12ヶ月≒¥25,000の削減

「なるほど。メーカーが言ってる数字と大体同じだね。」

・・・ってことにはなりませんよね?(笑)皆さんが気になるのは「実際どうなのよ?」というところだと思います。水道代は分かりやすいとしても、特にガスの使用量については、訳の分からん計算をされて「ホンマかいな?」ってのが正直なところだと思います。(僕が悪いんですけど・・・)

レイニーの使用前後で我が家のガス代がどのように変化しているか?

それでは公開します・・・。

ガス代明細

なんと・・・ガス代の削減額がほとんど計算通りでした(笑)ちなみに我が家の料金単価は、全国平均とほとんど同じで¥475円でした。料金単価が高いほど、世帯人数が増えて1日のシャワーの時間が長いほど節約効果は増していきます。元々料金単価の高いプロパンガスの物件では、特に効果が得られますよ!!

結論として、レイニーの節約効果はバツグンです。

水圧は十分?

節約効果はバツグン。あと気になるとしたら使用感ですよね?

節水シャワーと聞いて、一番に気になるのが「水圧」です。結局、水の使用を控えるんだから、水圧が下がって体を洗う力が弱くなるんじゃないか?普通はそう思います。確かに、体を洗う力が弱くなれば、シャワー時間が長くなるので節水シャワーにした意味がありません。

でも、ご安心を。

私自身、レイニーを使い始めてそのような不満を感じたことはありません。元々のシャワーヘッドと「レイニー」の水の出る様子を写真に撮ってみましたので、比べてみてください。

標準品の水の出方

上が普通のシャワーヘッドです。そしてコチラが・・・

レイニーの水の出方

どうですか?

・・・むしろ水圧が上がっている気がしませんか?みなさんどうぞ、上にスクロール、下にスクロールして比べてみて下さい。「レイニー」の方が、水がより直線的に出ているのが何となく分かるでしょうか?

実際にシャワーをひねると手に反動を感じるほど・・・。全開で体に当てると少し「イタ気持ちいい」くらいです(笑)

写真をパッと見ても「レイニー」の方が、圧倒的に水の線が細いのが分かると思います。この線の細さが、強さを生み出している秘密です。

実は水の出る穴に秘密があるんです。「レイニー」の水穴は0.3mmという極細の直径で、なんと239個もの穴があいているんですね。「レイニー」は水を少なくする代わりに、水の線を細く、しかも穴の数を多くすることによって、少ない水で効果的に体を洗う「強さ」と「広がり」を作り出しているんです。

水穴の違い

比べてみると全然違いますね!!

節水シャワーヘッドの中には、節水60%とか70%を謳っている製品もあるようですが、水圧が弱いという声も聞かれます。その点でレイニーは水圧と節水のバランスが取れた製品だと感じました!

ちょっとした気配りがGOOD!

他にも私が効果を実感しているのが、持ち手にあるスイッチです。

止水スイッチ

蛇口を捻らなくても、このスイッチでサッと水を止めたり出したりできます。小さな事なんですが、こういうものが付いていると、自然と「止めなきゃいけない」意識が高まります。つい、水を出しっぱなしにしてしまう人には嬉しい機能です。

また、昔ながらの、蛇口の捻り具合で温度調整をなければいけない水栓の場合は、いちいち温度調整する手間が省けていいと思います。特にそのような蛇口だと、温度調整が面倒で出しっぱなしにしてしまいがちですからね。

まとめ

今回はかなり地道に検証をしてみましたが、その効果は公式WEBで謳われている効果と遜色ないものでした。

しかも、このシャワーヘッド、とても安いんです。プロパンガスを使用している我が家では1ヶ月で元が取れました。おそらく都市ガス利用の方や、1人暮らしの方でも、2~3ヶ月もすれば元が取れるのではないかと思います。

ご使用状況によって効果は前後すると思いますが、それでもおススメのシャワーヘッドです!ご購入の際は「Amazon」が安くておススメですよ!(2018年4月時点)色もカラフルでGOODです。
※類似商品の「レイニーベーシック」という商品は手元スイッチがないようなので、商品画像を十分ご確認の上ご注文下さい。

プロパンガスを安くしたい方は

地域最安値のプロパンガス業者を案内するサービスがあります。詳しくはコチラ↓
ガス屋の窓口