「そろそろテレビを買い替えようかな」

そう思ったときにテレビのスペックを見て、一番目に入る数字が「年間消費電力」という数字です。製品の比較をするにあたって、この年間消費電力の「意味」はよく知っておくべきです。

当記事では、これからテレビを選ぶ方のために、

  • 年間消費電力の意味
  • 4KとフルHD(2K)の消費電力事情
  • プラズマと液晶の消費電力事情

など、様々な観点からテレビの消費電力について解説したいと思います。




テレビの消費電力

家にいるときは何となくテレビをつけている。そんなご家庭も多いのではないでしょうか?

そこで気になるのがテレビの消費電力。年代別の消費電力や、4KとフルHDでどう違うか?プラズマテレビと液晶テレビの違いなど、様々な角度から見ていきましょう。

電気代の計算方法

と、本題に入る前に、まずは電気代の計算方法についてご説明しておきましょう。

LC-40V7

こちらは我が家で大活躍中の、シャープの40型液晶テレビ。ちょうど最近売れ筋のサイズです。

年間消費電力を確認すると86kWhになっていますね。

このテレビの電気代を、1kWh=27円(税込)(※大手10社の平均値)で計算すると、

86kWh×27円≒2,300円

となります。

ゆき(標準)

年間消費電力に27円かけるだけ。簡単だね!

年間消費電力の推移

液晶テレビは、ここ数年で消費電力が格段に下がっています。

年間消費電力の推移
※資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ2017冬」のデータより作成。

上の図は、32型、40型の年間消費電力の推移を表したものですが、2010年を基準にして32型では約33%、40型では約48%の低減が見られ、消費電力が飛躍的に下がっていることが分かります。

ゆき(うれしい)

じゃあ、最新のテレビを買えば、とにかく省エネなんだね!

さとし(標準)

ところが、そうはいかないんだ。

LEDバックライトを使うなど、メーカーは確かに年々省エネ性を向上させていますが、残念ながらそう単純な話ではありません。

テレビの検討を行う前に「年間消費電力」の意味(計測方法)について、まずはきちんと知っておく必要があります。

「年間消費電力」の意味

テレビの消費電力は視聴時間や、画面の明るさ設定などに大きく左右されます。メーカーが表示している年間消費電力だけを”うのみ”にしてはいけません

年間消費電力って何?

年間消費電力とは「メーカーの標準設定」で1日4.5時間視聴し、19.5hは待機状態で使用した場合の年間の消費電力。

この「メーカーの標準設定」というのがミソです。

様々なメーカーの様々なテレビが販売されていますが、そのテレビの標準設定(明るさなど)を決めるのは、製品を作ったメーカーです。

困ったことに、メーカーが暗めの画質を標準設定としていたら、年間消費電力を他製品より低く表示することが可能なのです。(極端に悪質なメーカーは存在しないと信じますが)

つまり、年間消費電力を基準にテレビを選ぶ場合は、家電量販店で実物を見て「標準設定」がどのくらいの画質なのかを確認する必要があります。

image

年間消費電力が80kWhの標準画質が暗めの商品Aと、85kWhの標準画質が明るい商品Bがあった場合、両方を同じ明るさにしたときに、商品Aの方が消費電力が高い場合も考えられるからです。

ゆき(標準)

標準画質に満足できて初めて、年間消費電力を参考にできるんだね!

さとし(ほっこり)

そう。
だから実物を確認することはとても大切なんだ。

テレビを選ぶときは、まず、そのテレビの標準画質に満足できるか?を確認しましょう。そこで初めて、年間消費電力を比較する価値が生まれるのです

また、一般的には省エネ性が高いほど、価格も高額になる傾向があるので、比較の場合は1kWh=27円として、最終的にどちらがお得なのかも考慮してみるといいですね。(※電気の明細に載っている実際の料金単価を使う方が正確です。)

定格消費電力とは?

各メーカーの標準設定の違いによって、年間消費電力だけでは判断しづらい。そんなときに参考にしたいのが「定格消費電力」です。

定格消費電力とは?

定格消費電力とは、そのテレビが発生する最大の消費電力

テレビが持つフルパワーを発揮した状態。そのときの消費電力が「定格消費電力」です。

年間消費電力だけで判断しづらい場合は、定格消費電力も参考にしましょう。定格消費電力が120Wの商品Aと、90Wの商品Bがあった場合、商品Bの方が省エネ性が良い可能性が高いからです。

image

特に注意が必要なのは、周りの商品より定格消費電力が大きい割りに、年間消費電力が低い場合です。この場合は、メーカーの標準設定を暗めにしているなどの可能性がありますから、量販店などではアドバイザーに疑問をぶつけてみるなど、自分が納得できる状態になってから購入しましょう。

4KとフルHD(2K)の消費電力

テレビの消費電力を比較する上で、そのテレビが4Kなのか、フルHDなのかは重要です。

4KとフルHDの違い

画面を構成する画素数による違い。
4Kは横3840×縦2160=約800万画素。フルHD(2Kとも呼ばれる)は横1920×縦1080=約200万画素で構成される。4Kの方が高精細なのでキレイな映像を楽しめる。

フルHDと4K

一般的に、4Kは画面が高精細な分、フルHDよりも消費電力が大幅に高くなります。ですので、4Kなら4K同士、フルHDならフルHD同士で比較を行うようにしましょう。

LC-40U45 LC-40W5
メーカー SHARP
画面サイズ 40型
画素数 4K フルHD
定格消費電力 106W 98W
年間消費電力 96kWh 60kWh
実勢価格(※) 61,970円 55,890円

※2018年6月、価格.comにて調査。

シャープの40型で比較しても、4Kの年間消費電力がフルHDよりも1.5倍ほど高くなっていますね。

4Kの方が構造が複雑になり、消費電力が高くなるのは致し方ないところなので、映像のキレイさを追求するなら4K。省エネ性を追求するならフルHDという風に考えましょう。

商品価格も4Kの方が高額なので、実物を見比べてフルHDで十分満足できるという方は、フルHDで消費電力と価格のバランスが取れたものを探してみると良いと思います。

さとし(ほっこり)

ウチは4Kの80型を買うぞ!

ゆき(怒る)

どこにお金があるの?
夜中まで働くか?

さとし(困る)

調子乗りました。
スイマセン。

プラズマと液晶の消費電力

もし、プラズマテレビをお使いの場合は、液晶テレビへの買い替えで、電気代を大きく節約するチャンスです。

一昔前は、液晶はあくまで小型テレビ用、大型テレビと言えば液晶よりも画質の優れたプラズマ、というのが当たり前でした。近年は液晶も高性能になり、大型化や低価格化が進んだことで、2013年、パナソニックが製造を打ち切ったのを最後に、プラズマテレビは市場から姿を消しました。

そして、液晶テレビが市場に受け入れられた何よりも大きな理由は「液晶の方が圧倒的に省エネ」だからです。

TH-P42GT5 TH-43F300
メーカー Panasonic
画面サイズ 42型 43型
方式 プラズマ 液晶
定格消費電力 350W 99W
年間消費電力 120kWh 60kWh

上の表は、パナソニックのプラズマテレビ(2012年)と、ほぼ同サイズの液晶テレビ(2018年)を比較してみたものです。

定格消費電力にはなんと約250W、実使用を想定した年間消費電力でも60kWhの違いがありますね。電気代にして年間、

60kWh×27円=1,620円

の差が出ることになります。年間消費電力の想定視聴時間は1日4.5時間なので、それ以上視聴する方はさらに電気代の差が大きくなります。

image

商品価格をペイできるほどの差ではありませんが、お使いのプラズマテレビが古くなっているなら、液晶テレビへの買い替えは「節約」としておススメできますよ!

実物を見て、液晶テレビの画質に不満がなければ、買い替えを検討してみて下さいね!

テレビの適正サイズ

テレビを選ぶ際に、消費電力と並んで注意したいのが、ご自宅にはどれくらいのサイズのテレビが適しているか?という問題です。

一般的には、画面の高さの3~4倍の距離が視聴距離となるようにテレビのサイズを決めると良いと言われています。

視聴距離
出典:資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ2017冬」

大きいテレビは迫力ある映像を楽しめますが、あまりに大きすぎると目が疲れる原因になります。上記を目安に、自分に最適なサイズを検討してみましょう。

ゆき(標準)

店頭では小さく見えても、持ち帰ると意外に大きいことがあるからね。

省エネラベルについて

店頭で年間消費電力を調べる際に、参考になるのが「省エネラベル」です。

省エネラベル

本ラベルを確認することで、その商品の年間消費電力を知ることができますし、星の数で省エネ性を簡単に表していますので、比較の際には覚えておくと便利です。

まとめ

今回はテレビの消費電力事情を様々な角度から解説しました。

年間消費電力、定格消費電力の意味を知って、納得できるテレビ選びをしましょう。

ここがポイント!
  • 年間消費電力を”うのみ”にしない。
  • 定格消費電力が大きいのに、年間消費電力が低い場合は疑問を持つ。(アドバイザーに聞いてみる!)
  • 映像重視なら4K。省エネ重視ならフルHD。
  • プラズマテレビを使っているなら節約のチャンス!
  • 視聴距離は画面高さの3~4倍を目安に。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!
それでは、また!୧꒰*´꒳`*꒱૭✧